一般向けお茶

かぶせ茶

かぶせ茶と新芽に寒冷紗などで14間前後茶園を覆い日光を遮って育てたお茶のことを呼びます。陽の光を当てずに新芽を育てるため、茶葉の緑色が濃くなり、渋みが少なくなり旨みを多く含みます。

豊田市は品質において全国屈指のかぶせ茶の産地です。毎年のように各お茶のコンクールで賞を受賞し、その技術は一般のお茶にもフィールドバックされ、高品質なお茶が作られています。当園では、平成15年・16年に二年連続で日本一になり、表彰されました。

かぶせ茶の淹れ方

  1. 沸騰したお湯を湯呑に注ぎ湯を冷まします(60℃)
  2. 急須に茶葉を小さじ2杯(6g)入れます。
  3. 1で冷ましたお湯を茶葉が浸るくらい入れます。
  4. じっくり茶葉が開くまで待ちます(90秒)
  5. この時、急須を揺らさないで下さい。雑味が出ます。
  6. 湯呑に最後の一滴までしっかり絞り出します。
  7. さあ、できあがりました。かぶせ茶特有の「旨み」をお楽しみください。

品評会出品茶かぶせ茶の淹れ方

  1. 沸騰したお湯を湯呑に注ぎ湯を冷まします(40℃)
  2. 急須に茶葉を小さじ3杯(9g)入れます。
  3. 1で冷ましたお湯を茶葉が浸るくらい入れます。
  4. じっくり茶葉が開くまで待ちます(120秒)
  5. この時、急須を揺らさないで下さい。雑味が出ます。
  6. 湯呑に最後の一滴までしっかり絞り出します。
  7. さあ、できあがりました。感動の「旨み」をお楽しみください。

一般向けお茶 の一覧へ

ホーム